2007年12月14日

美白 ハイドロキノン

トレチノイン&ハイドロキノン 3回目-27 日目《ハイドロ》
誰もが知ってる黒人ビッグスターが白くなった原因と言われる美白原料「ハイドロキノン」を肥満の原因からお肌のトラブルまで) 「ついつい食べ過ぎてしまう」「なかなか運動ができない」「肌のハリがなくなっうちは鉢植えだし、しかもハイドロカルチャー ...(続きを読む)



美容外科の施術 その14 多汗症、ワキガの治療?2

 多汗症、ワキガの治療で行われる手術としては他に切除法がある。この方法は腋毛の生えている部分の皮膚を大きく切り取る方法である。近年はあまり行われていない。というのも、あまりにも広範囲の切除は難しく、すべてのアポクリン腺を取り除くことが不可能なので、効果が得られにくいことがその理由である。また大きく皮膚を切り取るために、どうしても皮膚のつっぱり、極端な例では腕が上げにくくなるなどの後遺症が残る。今ではより確実、またはきれいな仕上がりの得られる手術が求められ、あまり使われなくなった。

 脂肪吸引からヒントを得た、吸引器に金属のストローをつけてアポクリン腺を取り除く手術法もある。皮膚の切除が少なく、回復も早いが、その分完全に取り残しが多く、再発も起こりやすいので、これもあまり盛んとはいえない。

 皮下組織削除法は、剪除法と似ていて、ローラーとカミソリのような刃がついたもので、皮膚の裏からアポクリン腺、エクリン腺を薄くまで削り取る方法である。しかし、デメリットも剪除法と同じで、下手をすると皮膚が壊死してしまう。

 多汗症の治療としては、ボトックス注射もあるが、効果は4ヶ月から6ヶ月しかもたない。


肌の表面で美白成分ハイドロキノンを生成。どこまでも透明な肌へ ザイメックス リファインセラム
商品価格:10,500円
レビュー平均:0.0

[PR]  レーシック  脂肪吸引


posted by ハイド at 12:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。