2007年12月10日

ハイドロキノン トレチノイン

スキンケア三種の神器(第三種)
トレチノイン&ハイドロキノンしている私… 乾燥警報発令中. IKKOさんも絶賛. ソンバーユ 無香料 70ml; ¥1298; Amazon.co.jp. 顔・身体・かかと… とにかく全身に使えるスゴモノ. 化粧下地する前に. 口の周り. 目の回り. に薄くつけて…ティッシュオフ ...(続きを読む)



美容外科の施術 その12 肩幅の整形

 肩幅が広かったり、極端な怒り肩は男性的な印象を与えてしまうもの。逆に、肩パットがいらない、というメリットもあるのだが、どうしても気になる、女性的な肩のラインにしたいという人は、肩の整形手術、という手がある。

 怒り肩や肩幅の広さを修正するには、鎖骨短縮手術が行われる。鎖骨切除、短縮、髄内を釘で固定する方法がとられるのが一般的である。この手術は固定性があり、手術後比較的早期から日常生活が可能となる。また、釘で固定することから、施術部分がずれたりすることが少ないために再手術のリスクが少ない。ただ難点とすれば、鎖骨部の皮膚に傷が残ってしまうことだろうか。小さい傷だが、傷が残ることは避けられないという。

 また鎖骨が出過ぎている人や肩の形などで悩みを抱えている人も同様の手術で改善することができる。肩幅によって、人の受けるその人のイメージもかなりかわってくる。華奢なイメージに変身したい!という女性は、こういった方法で自分自身のイメージを変えることができるかもしれない。


[PR]  子供の英語  海外留学


posted by ハイド at 11:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。